若ハゲの原因って何??あなたは大丈夫!?

パラネージュ

 

いくつ迄にハゲると「若ハゲ」といった決まりはないです。基準としては、30歳に達する迄にハゲが進行すれば、若ハゲと言ってもいいかもしれません。

 

歳が若過ぎる時にハゲが開始されたから危険というわけではないですけど、できるだけ早く対策法を行うのが良いでしょう。

 

若ハゲを引き起こすと考えられる原因をご紹介しますから、対策できることは自分自身で対策していきましょう。

 

若ハゲになりうる6つの原因とは!?

 

若ハゲが発生する原因には6つのことが考えられます。あなたの若ハゲの原因に当該するものがないのかどうかチェックして見て下さい。

 

1.親の遺伝

 

若ハゲに限らず、ハゲには遺伝が関係しているといわれていますが、ハゲそのものが遺伝するのとは別で、ハゲ易い体質が遺伝すると言われています。

 

さらに、親子でライフサイクルや食事の好みが似るといった場合も影響を与えていると言われています。 その影響で、ライフサイクルを見直すだけであっても、ハゲの進行を遅らせる結果になり得る可能性はあると考えられます。

 

2.頭部の肌へのダメージ

 

頭部の肌にストレスやダメージを与えているせいで、活き活きとした髪が生育してこなくなることになります。頭部の肌に負担を負わせることは、以下の様な起因が挙げられます。

 

・洗髪による負荷

 

自分の頭部の肌にそぐわないシャンプーを使用することにより、人によっては頭部の肌に刺激がもたらされることもあるでしょう。

 

・正しくない髪のメンテナンス

 

毛髪の洗い方や乾かし方など通常の手入れが原因で、活力がある髪が生える悪影響を及ぼすことになってしまいます。

 

・強い紫外線

 

強い陽射しが頭部の肌に当ると、髪の成長ペースが乱れてしまうことが発生します。

 

・スタイリング剤

 

ヘアースタイリングやヘアカラー・パーマやワックスなどが、頭部の肌に負担を負わせることが想定されます。

 

パーマやカラーリングは、回数を少なくしたり、間をあけるとかした方が安心できます。 さらに、ワックスは毛孔のつまりが発症することもあると考えられるため、シャンプーでしっかりと汚れを落とすように気を付けて下さい。

 

3.栄養不良

 

皆さんの体と同様で、髪も食事からの栄養分を元に構築しています。なので望まれる栄養分が不十分になれば、健康な髪が生育してこなかったり、抜け易い細い髪ばっかり生育してしまうことがあるわけです。

 

ダイエットや不摂生で栄養分のバランス化が偏っていると、若ハゲが発症する原因と考えて良さそうです。

 

4.運動不足や血行不良

 

運動不足や血行不良になると、血液の作用で届けられる大事な栄養分が頭部の肌に運ばれない可能性があります。

 

血行不良が起こる原因として位置付けられるのは、 ・喫煙・ストレス・運動不足 などになります。 血行不良になっていると、栄養分をしっかりととっていたところで、頭部の肌に栄養がうまく届かないということも生じてくる事になります。

 

5.AGA(円形の脱毛症)

 

歳に係わらず注視されるのが、AGA(円形の脱毛症)によるハゲではないでしょうか。円形の脱毛症は、丸みを帯びて髪が抜け落ちるのが特徴で、1カ所じゃなくいくつかに、また体の毛にも見られるケースもあるとのことです。

 

レベルがハードな方や、気掛かりな方は、皮膚科に悩みを打ち明けるのをお薦めいたします。

 

6.出産による薄毛

 

出産の後、髪が薄くなってしまった女性の中では「若ハゲなんじゃないか?」と感じている方も存在するかもしれませんが、産後に発生するハゲは、女性ホルモンのバランスが正常に働かなくなる事で発症してしまうと考えられています。

 

時期としては、産後から2から3カ月後あたりから開始する流れがあります。

 

パラネージュ

 

どうでしたか?上記の6つの原因によって若ハゲに繋がってしまう恐れがあります。

 

簡単にハゲを改善したい方はこちら→→育毛剤イクオスはamazonで買うと損!?最安値と効果まとめ!!

 

対策は別記事にて詳しく書いてあるのでそちらを参考にして下さい。

 

パラネージュ